kyotoshoecare

記事一覧(13)

気ままに靴の話

皆様こんにちは京都店の稲田です二回目の登場です今回も思い付くまま色々と書いて参りますので少しだけお付き合いくださいでは、、、、、、、突然ですが、皆さんは自分なりのゲン担ぎなどはありますか?ある職人が「必ず右足から作業開始する」と言っているのを聞いたことがありますルーティン、おまじない、ジンクス、迷信、風習などなど各々細かい意味は違いますが、、、今回は靴に関するそういうのを少しご紹介しますまずは有名なのを「夜(もしくは午後)に新しい靴をおろすと縁起が悪い」これは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか理由は諸説ありすぎてまとめきれませんが、要するに「夜に出歩いちゃ危ないよ」ということだと思いますどうしても仕方のない場合は靴の裏を汚してから出かければセーフらしいです、、、、 トンチですねその他にも香港では「旧正月の期間は靴を買わない」という風習がありますなんでも広東語では靴を『ハアイ』といい、ため息を連想するからだそうです新品の靴に関しては少し気を付けないといけないような類いのものが多いようです逆に古い靴は何かと縁起がよいものとされることが多く、例えば「古い靴を立ち去る人に投げるとその人に幸せが訪れる」ちょっと乱暴ですがこれは欧米の結婚式などでよく行われる風習のようですまた「家を建てたり改築する時に履きふるした靴を魔除けとして壁の中に埋める」これも欧米で古くから伝わる風習です『隠し靴』と呼ばれ、古いボロボロの靴ほど、また子供の靴ほど強い効き目があると言われていますその他にも「右足から靴を履くと一日が幸せになる」ヨーロッパでは右の靴は幸せを呼ぶと言い伝えられています(シンデレラのガラスの靴も右足でしたね)などなど、探せば良さそうなのから変なのまでまだまだ沢山あります靴は特別なものなんですねただ、あまりこういうのを気にしすぎると身動きとれなくなってしまいますので良さそうなのだけ取り入れてみましょう最後に「右の靴ヒモがほどけたら恋人ができる」というのがあります